東海市 耳鼻科 ふくおか耳鼻咽喉科

[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00 土曜 9:00~12:30 [休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

web受付

 

〒477-0032
愛知県東海市加木屋町2-224-2

平成18年9月開院

home初めての方へ院長・スタッフ紹介地図・交通案内・アクセス求人情報よくある質問

診療案内

診療受付時間

AM9:00~12:00
PM4:00~7:00
土曜日
AM9:00~12:30

ご相談・お問合せ

0120-287-784

受付専用 電話番号

0120-187-784

休診日

水曜・土曜の午後
日曜・祝日

当院への地図

〒477-0032
東海市加木屋町2-224-2

院長紹介

当院の院長、福岡敏のご紹介です。

スタッフ紹介

当院のスタッフのご紹介です。

院内ツアー

当院自慢の設備をご紹介いたします。

求人情報

医療事務スタッフ、看護師スタッフ、常勤医・非常勤医を募集しています。熱意のある方のご応募をお待ちしております。

健康のための説明書

当院で患者様にお配りしている説明書です。みなさまの健康促進にお役立てください。

ニュースレター

当院では毎月初めにニュースレターを発行しています。
病気について、その時期に関わる面白ネタを掲載しています。

睡眠時無呼吸症候群について
舌下免疫療法
20分で結果がわかるアレルギー検査


専門医による中耳炎のお話
新知台耳鼻咽喉科
ご意見箱
line友だち追加
facebook
Instagram
pepper
耳鼻科トレビア

CONTENTS

犬アレルギーについて

HOME»  耳・鼻・のどの病気»  犬アレルギーについて

犬アレルギーについて

犬アレルギーという言葉は、ペットブームに伴って近年よく耳にするようになってきました。その症状は、ペットの垢・フケ・体毛に付着したダニなどにより、喘息でもないのに咳が続いたり、アトピーのような発疹が出たりします。犬アレルギーの症状は、全ての犬に対して起こる反応ではないようです。
例え自身や子供がアレルギーであっても、それ以上にペットとの生活を望む方もいらっしゃいます。
アレルギー検査をして、動物のフケに対するアレルギー反応の有無を検査し、陽性だった患者がペットを飼っている場合、可愛いペットを手放すことには躊躇する気持ちも理解できます。
基本的には、アレルギーの人が犬を飼う際に気をつけるべきなのは、
 1.アレルゲンからできるだけ離れる(触れない、吸い込まない)こと。
 2.アレルゲンに触れた後は、すぐにクリアして、アレルゲンフリーな時間を作ること。
 3.アレルゲンの量をできるだけ増やさないこと。
の3つがほとんどだと思います。

犬アレルギー患者のための日常生活の注意点

 1 週に1回、犬をシャンプーする/体を拭く:抗原となるフケを一時的には減少できますが、効果は一時的かもしれません。濡れた暖かいタオルで体をやさしく拭いてあげるだけで、毛に付いた埃、体のフケを減らす事が出来ます。
 2 こまめなブラッシング
 3 HEPA(High Efficiency Particulate Air Filter)フィルター使用の空気清浄機の設置(特に寝室):ファンは“auto”ではなく“on”にして下さい。
 4 犬のベッドのカバーの着用:空中の猫・犬抗原やダニ抗原を減少させられる。
 5 掃除の徹底
・カーペットを除去      ・出来るだけ家具を減らす
・週一回はカーテンを洗う   ・壁の拭き掃除(効果的)
・ガムテープ作戦やコロコロ攻撃
・ケージを清潔に保つ     ・おもちゃを洗う

フケはダニの糞などと比べて非常に細かく軽いため長時間空気中に漂います。また、小さくて粘着性があるので、床、カーペット、壁、家具、蛍光灯力バー、天井などに付着します。またこれらを取り除くためにHEPAフィルター使用のバキュームクリーナーを使って吸引すべきです。
床であれば毎週拭き掃除をすべきでしょう。
 6 犬に触れ合う部屋着を必ず別ける。
 7 寝室をペットの立ち入り禁止区域とする。
ペットと一緒に眠ることは、一晩中アレルゲンに暴露されていることになります。犬は庭専用スペースで生活させる。
 8 短毛の雌犬を選択する。
 9 皮膚病になりやすい犬種を避ける:他の犬種に比べてより多くのアレルギー性蛋白(Can f1)を産生する犬種がいます。
ウエストハイランドホワイトテリアなど皮膚疾患に罹患しやすい傾向にあるいくつかの犬種はよりアレルギー性蛋白を産生します。
 10 舐めさせない
 11 トイレの躾を徹底させる
 12 まめに手を洗う
 13 長袖の服を犬に着せる
 14 できればマスク、手袋


日本アレルギー学会では、「アトピー体質を持つ小児のペット飼育は推奨できない」と報告していますが、欧米では、逆に、「幼児期 のペットとの生活が、将来アレルギーになるリスクを下げる」と報告され、それを裏付ける疫学調査結果も多数報告されています。
 

詳しくはこちら

 

耳・鼻・のどの疾患、症状について

 

MOBILE SITE

睡眠時無呼吸症候群について
舌下免疫療法
20分で結果がわかるアレルギー検査


専門医による中耳炎のお話

新知台耳鼻咽喉科

レーザー治療

お薬では改善しにくい鼻づまりをお持ちの方へ。

花粉症

毎年、花粉症の症状に悩まされる方は、原因となる花粉が飛び始める前から受診される事をお勧め致します。

外耳道炎

耳そうじのし過ぎや、爪で引っ掻くことで外耳に傷をつけてしまうと、そこから細菌に感染しやすくなります。

愛知県の感染症情報